プロミスとレイクALSAを比較

プロミスとレイクALSAで共通している点

大手消費者金融系カードローンのプロミスとレイクALSAのどちらを利用した場合でも、「年収の3分の1」が借入上限となります。
また、どちらも幅広いニーズに対応するために「即日融資サービス」や「無利息期間サービス」を提供しています。
共通点の多いプロミスとレイクALSAのカードローンですが、細かな違いを把握して自分に合ったカードローンを選ぶ事が重要となります。

プロミスとレイクALSAを比較するポイントとは?

プロミスとレイクALSAのカードローン比較で最も重要となるのが「金利」と「借入上限額」の2つです。
法律で上限が定められている金利ですが、プロミスとレイクALSAで少しずつ異なります。
プロミスが「年4.5%~17.8%」、レイクALSAが「年4.5%~18.0%」と最低金利は同じですが、最高金利はレイクALSAが若干高くなっています。
カードローンの金利は「借入金額が多くなるほど、金利が低くなる」という特徴がある事から少ない金額の借入をしたい場合にはプロミスの方がお得です。

借入限度額も各カードローン会社によって異なっていますが、プロミスとレイクALSAのどちらも「最大500万円」となっています。
最大500万円とホームページには記載されていますが、年収が少ない・勤続年数が短い・カードローンの利用実績がほとんどない場合の借入限度額は低くなります。

カードローンの利用を開始した際の「毎月の最低返済額」もプロミスとレイクALSAでは異なっていて、同じ5万円を借入した場合の最低返済額はプロミスが「2000円」、レイクALSAが「4000円」と2倍違っています。
最低返済額のみの返済で完済を目指したい方はプロミスを選ぶ方が良いでしょう。

プロミスとレイクALSAの審査について

カードローンの利用で気になるのが「審査を通過できるかどうか」といった点です。
今回比較している2社のうちプロミスの審査通過率が「42.89%」となっています。
一方、レイクALSAは明確な審査通過率を公表していませんが、消費者金融系と銀行系の中間値の「35%」と言われている事から、審査通過率ではプロミスが勝っています。
しかし、審査通過率が高いプロミスであっても、「安定した収入」や「過去の利用実績で返済の遅延・延滞がない」といった社会的信用は必要となり、「審査を通過しやすいわけではない」といった点に注意が必要です。

利用しやすい環境でのプロミスとレイクALSAの比較ポイントとして「無人契約機数」が指標となります。
プロミスとレイクALSA、共に全国のさまざまな地域に無人契約機が用意されていますが、プロミスの無人契約機数が「1129台」、レイクALSAの無人契約機数が「779台」とプロミスの方が約1.5倍多くなっています。
また、プロミスでは三井住友銀行内にあるローン契約機を使用した借入も可能となっていたりと、「すぐにカードローンが利用できる環境」が整えられています。

消費者金融一覧 プロミス

プロミス

プロミス
プロミスのおすすめポイント
  • 「出金日の翌日から」30日間無利息!
  • 審査時間は最短30分回答
  • Webで最短1時間の即日融資も可能!
  • 三菱UFJ銀行の口座なら24時間最短10秒振込み
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~17.8%500万円 最短30分50万円まで不要

消費者金融一覧 レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAのおすすめポイント
  • 審査時間はお申込み後、最短15秒!
  • Web完結なら郵送物なしでカードレス!
  • お借入れ額5万円までなら180日間利息0円
  • 借入・返済時のATM利用手数料0円
※初回契約翌日から無利息
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~18.0%500万円 最短即日融資50万円まで不要