プロミスとモビットを比較

プロミス・SMBCモビットと三井住友銀行

プロミスとSMBCモビットは、同じ三井住友銀行グループの大手消費者金融です。
初めてカードローンを利用される方にとっては、三井住友銀行のように消費者金融の後ろに大きな銀行が控えていることは高い安心感につながるのではないでしょうか。
同じ銀行系の大手消費者金融ですが、プロミスとSMBCモビットでは金利や利用限度額など、何が違うのかをこちらの記事で解説していきます。

プロミスとSMBCモビットの金利

CMなどでも広く浸透しているプロミスですが、比較的金利が高くなりがちな消費者金融の中でも金利が抑えられている消費者金融です。
金利には下限金利と上限金利があり、一見すると最もお得に借り入れできる下限金利に目が行きがちですが、プロミスの下限金利は年間4.5%と、他の消費者金融の金利と比較して少々高い部類に入ります。
そのため、プロミスは金利面で選ぶなら損なのでは、と考えるかもしれませんが、プロミスは上限金利が17.8%と低めに設定されており、またカードローン契約直後は大抵上限金利に近い%が設定されます。
そのため、よほど信頼を得て下限金利に到達しない限りは、プロミスは金利面において魅力的なカードローンと言えるのです。

SMBCモビットの場合、金利は年3.0%~18.0%となっています。
下限金利はSMBCモビットの方が低いですものの、上限金利はプロミスに軍配が上がる結果となっており、契約してしばらくはプロミスの方がお得に利用できる可能性が高いです。
少額しか借入しないのならごくわずかな差といえますが、もしも数十万円単位で借入を考えているのならそれなりの金額差になります。
また、プロミスは無利息キャンペーンも展開していますので、30日間と限られた期間ではありますが、無利息でカードローンを利用できるのは初めての借入で不安を抱えている方にも大きいでしょう。
(※初回30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

限度額や審査について

プロミスの限度額は500万円となっています。
あくまで最高値ですので、最初から500万円いっぱいに借入できることはほとんどありませんが、いずれ増額を重ねて限度額の上限を目指している方には参考になる数値です。

SMBCモビットの限度額は1万円から800万円となっており、プロミスよりも限度額が高めに設定されていることがわかります。
こちらも最初から800万円を借入できるわけではありませんが、多額の借入を検討している場合は上限が高いSMBCモビットの方が安心できることは確かです。

審査内容に関しては、どちらも同程度の難しさと考えて問題なく、申し込むために必要な条件もほぼ同じですので、金利や限度額などその他の条件面からどちらに申し込むか決めることになります。
ただし、プロミスとSMBCモビットの両方共一緒に申し込むことはおすすめできません。
それだけお金に困っていると考えられてしまいますし、返済能力を疑われてしまいますので、まずは片方にだけ申し込んで、審査を通過できるか否かを確認してみましょう。

消費者金融一覧 プロミス

プロミス

プロミス
プロミスのおすすめポイント
  • 「出金日の翌日から」30日間無利息!
  • 審査時間は最短30分回答
  • Webで最短1時間の即日融資も可能!
  • 三菱UFJ銀行の口座なら24時間最短10秒振込み
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~17.8%500万円 最短30分50万円まで不要

消費者金融一覧 SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットのおすすめポイント
  • 電話連絡・郵送物なしのカードレスでWEB完結!
  • WEB申し込みなら10秒で簡易審査結果を表示!
  • 限度額の範囲内で何度でも繰返し利用可能!
  • 在籍確認は電話以外なので絶対にバレない!
金利限度額審査速度収入証明書
3.0%~18.0%800万円 10秒簡易審査50万円まで不要