消費者金融が便利で安心な理由

ビッグダディ!

消費者金融でお金を借りる時の担保や保証人が不要

消費者金融でお金を借りるのが便利で安心だと言われる理由の1つに、担保や保証人が不要となっている点が挙げられます。

一般的にお金を借りたい場合には担保や保証人の用意が必要ですが、消費者金融の場合は原則不要です。
一部のローンやお金を借りるプランによっては担保や保証人が要るものもありますが、それ以外の融資に関しては基本的に担保や保証人が必要ないとされているため本人情報だけでお金を借りることが可能です。

他にも担保や保証人がない代わりに金利が高くなっている傾向があり、あらかじめお金を返済されなかった場合のリスクに備えているという理由もあります。
いずれの場合にしてもお金を借りる側としてはローンと違って担保や保証人が必要ないので、気軽にお金を借りられるところが便利です。

即日融資などのサービスが充実している

消費者金融でお金を借りる大きなメリットは即日融資を受けられるところです。

銀行で融資やローンを利用してお金を借りる場合には数日間の審査が必要なので、すぐにお金が借りられません。
そのため、ある程度の期間を想定して融資やローンの申し込みをする必要があるのですが、消費者金融の場合は申し込んでから原則、即日融資でお金を借りることが可能です。

しかも、ネットで24時間いつでも融資を受けることができます。

条件を満たせば会社への電話連絡がない

お金を借りる審査では本当にその会社に勤めているのかという確認のため、勤務先に電話連絡があります。
電話はオペレーターの個人名でかかって来るのですが、普段まったく電話がない場合は不自然ですよね。
そんな場合は「クレジットカードを作る審査の電話」と言えば大丈夫です。

また、消費者金融が指定する引き落とし口座があれば、身元調査ができているために会社への電話連絡が免除されることもあります。
例えばSMBCモビットの場合、三井住友銀行か三菱UFJ銀行に口座があれば、社会保険証の写しを提出するだけで「WEB完結申込」ができ、申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレスでお金を借りることができます。

消費者金融の利用目的と上手な活用や用途

お金の返済計画の重要性

消費者金融のATMから出てきたお金は自分のお金だと錯覚してしまいますが、返済日はキチンとやって来ます。
返済日が来て「借入している」という実感が湧いてきます。
最初は「わーい、お金だ!」と嬉しいのですが、お金返済の苦しみが後にやって来ます。
お金の返済に困らない様に、1ヶ月の生活費を1週間ごとに4枚の封筒に分けて、絶対に次の週の封筒には手を付けないという管理方法だと自然と計画的になっていきますので試してみて下さい。
また、毎月返済するお金もそこから別の封筒に取っておき、残ったお金でやり繰りしますと絶対に返済に遅れることはないです。
また、条件を満たせば無利息期間が適用される消費者金融があるので、短期間の借入なら利用しない手はありません。

リボ払いは上手な借入方法なのか

多くの消費者金融にて採用されている返済方法が、リボルビング払いです。
リボルビング払いとは、お金を借入した金額に関わらず毎月一定額の返済を繰り返す方法で、たとえ5万円の借入でも10万円の借入でも月々5,000円ずつの返済に抑えられたりします。
一見月々の返済額を抑えられるためお得に見えるかもしれませんが、その分返済が長引きやすく、利息が大きくなりがちなお金の返済方法です。
一長一短ですが、繰越返済が可能な返済方法でもあるため、リボルビング払いでも一気に返済を終わらせることは可能です。

リボルビング払いでやってはいけないことは、月々の返済額が大して高くないことから気が緩んでしまい、返済を長期化させることです。
返済総額が減ったわけではないので、1年2年と返済が続くごとに完済が難しくなってしまいます。
消費者金融としても実入りの大きい方法なので積極的にプッシュしていますが、本当に自分にとって有益な返済方法なのかどうかを一度考えてから利用するべきです。
元金が減らず利息分ばかりを返済している、という最悪のパターンに陥らないためにも、リボルビング払いを利用する際には付き合い方をまず考える必要があります。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンの特徴

急にお金が必要になった時などカードローンは便利な金融商品です。
しかし、カードローンと一言で言っても銀行カードローンと消費者金融の二つがあり、どちらを選べば良いのか迷ってしまいます。
カードローンでお金を借りる場合には、どちらが良いのか特徴を知ってからお金を借りるということが大切です。

まず、銀行カードローンは、文字通り銀行が提供しているカードローンです。
銀行カードローンは、消費者金融に比べて低金利で、多くの消費者金融の金利は上限が18%に対し、銀行カードローンの金利は14.5%程度です。
消費者金融の場合、100万円を超える額を借りると金利が15%になりますが、銀行カードローンで100万円以上借り入れをすると12%台でお金を借り入れすることも可能です。

消費者金融の場合、200万円を借りたとしても15%よりも下がりませんが、銀行であれば150万円借りれば10%以下の金利で借りられます。
ただし、審査が厳しいというデメリットがあります。

消費者金融の特徴

消費者金融は、消費者金融が提供しているローン商品です。

消費者金融の特徴としては、融資のスピードが銀行よりも早いということが挙げられます。
審査は最短30分で終わり、消費者金融によっては即日融資や最短1時間で融資を受けられます。
銀行でも即日融資は可能ですが、審査に時間がかかってしまうため急いでいるときには消費者金融の方が便利です。

また、短期間で少額のお金を借りたい、というときにも消費者金融が向いています。
一部の消費者金融では無利息サービスがあり、短期間の借入にお得です。

また、融通が利きやすいというのも嬉しいポイントです。
申し込み後にフリーコールを使って審査を急いでほしいと伝えれば、優先して審査を行ってもらえます。
メリットも多いですが、銀行カードローンよりも金利が高く、お金を借りやすいことで多重債務者になりやすいというデメリットもあるため注意が必要です。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いは適応される法律です。
銀行カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法という法律が適用され、お金を貸し付ける金額の上限や貸し付けられる対象が違ってきます。

特に大きな違いとなるのが総量規制です。
総量規制は貸金業法で定められた年収合計の3分の1を超えてお金を借り入れられないように規制する法律になります。
銀行カードローンは銀行法が適用されるため総量規制から外れます。
このように法律の違いなども理解して借りることが大切です。

銀行カードローンのあざとさ

カードローンは「消費者金融」と「銀行カードローン」に2つに分けられます。
消費者金融というのは、具体的にはSMBCモビット、プロミス、アコム、レイクALSA、アイフルなどの、昔からある「サラリーマン金融(サラ金)」の流れを汲む商品です。
一方、銀行カードローンは、消費者金融よりも歴史の浅いもので、バブルが弾けた後、儲かる商品が生み出せずに苦しんできた銀行が始めた無担保ローンです。
銀行は担保がないと融資してくれませんが、消費者金融のビジネスを真似て無担保ローンを始めたところ、銀行のネームバリューが後押しした結果、めちゃくちゃ儲かりました。

また、消費者金融との差別化を図るために「〇〇銀行カードローン」というネーミングを標準にしたうえ、年利を消費者金融よりも低めに設定して「低金利」を謳った結果、消費者金融に匹敵するほどの利益を叩き出しました。

また、2010年6月から総量規制によって年収の1/3を超える借入ができなくなりましたが、貸金業者による借入は除外という、銀行カードローンのために用意された抜け穴が用意されました。
そりゃそうですよね。銀行は国債を購入してくれる優良顧客ですので、銀行カードローンは益々儲かるようになっています。

消費者金融を利用する際の初回の手続きと必要書類

消費者金融の審査に必要な書類

消費者金融を初めて利用する場合は、申込をする前に必要書類を用意しておくとスムーズに手続きが進められます。
利用する金融商品を問わず必須なのが本人確認書類です。
運転免許証がベストですが、他にパスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードでもOKです。

また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、現住所が確認できる書類の提出も必要です。

また、利用限度額が大きくなる場合や就業状況を確認する事を目的に「収入証明書」の提出を求められる場合があるので、源泉徴収票や住民税決定通知書が必要です。
給与明細でも問題はありませんが「直近2ヶ月分」や「賞与支給がある場合は、1年以内の賞与明細書」の提出が必要です。

初回手続きからお金借入までの流れ

審査申込はネットで行い、用意しておいた必要書類を提出します。
必要書類の提出は、無人契約機では備え付けられているスキャナーでの読み取り、スマホ・PCでは写真に撮りフォーマットに沿って送信します。

審査申込と必要書類の提出を終えると審査が始まります。
審査ではまず担当者が個人名で勤務先に電話をかけてきます。
自身で対応する事ができなくても不在でも在籍している事が確認できれば問題はありません。
問題がなければ上司や同僚に在籍確認の電話がかかってくる旨を伝えておいた方が良い場合もあります。

ほとんどの消費者金融ではスピード審査を行っていて、最短30分〜1時間程度で審査結果を知る事ができます。
審査結果はメールか電話が多く、審査に通過していれば契約の手続きの案内をしてもらえます。
契約はスマホか自動契約機で行いスマホの場合は契約書類をスマホで確認して後日書類を郵送となり、カード1週間程度で自宅に届きます。

一方、自動契約機の場合はその場でカードと契約書類を受け取り、すぐにお金を借ることができます。
スマホの場合は振込先口座と希望金額を入力・送信するだけで借入の手続きは完了で、自動契約機の場合はコンビニATMから借入できます。

消費者金融でお金を借りる不安と怖さ

消費者金融の利用方法と注意点

消費者金融は全国規模の大手が主流ですが、特定の地域だけを対象に営業する街金業者も消費者金融の一種です。
消費者金融は銀行の融資業務と同様に貸し付けの営業を行っていますが、無担保のため利息が高めに設定されているのが一般的です。
消費者金融は業務が小口融資に限られているため、利益を得るためには借りやすく設定して利息を多く取るのが効果的です。

返済の遅延は金銭的な損失の他、社会的な信用の下落にもつながります。
現在は借金に関する情報は複数の消費者金融や銀行の間で共有されています。
そのため、1つの借入で返済の遅延を起こすと、その情報が幾つもの消費者金融や銀行に共有されてしまいます。
ブラックリスト入りすると融資の申し込みを拒否されてしまうので、必要な時にお金を用意できません。

消費者金融に怖いイメージを抱いてしまう理由

お金を借りる行為は同じでも銀行は堅実で安心できるイメージがあるのに対し、消費者金融は不安で怖いイメージを抱かれることがあります。
貸金業務は古くから暴力団の収入源であったことや、取り立ての際に脅迫や暴力が伴うのこともありました。

また、消費者金融は地域の知事の認可が得られれば営業できることから、銀行のような堅実な運営を行っているイメージが付きにくいことも不安視される理由の1つです。
実際に暴力団が消費者金融を営業していた例があった他、当初から金利の設定や取り立て方法が違法のヤミ金業者が幅を利かせていたのも消費者金融に怖いイメージが付きまとう原因です。
現在では法改正によって利息の設定や取り立ての方法が厳しく制限され、暴力団は排除されました。

その一方でお金を借りても返さず、そのまま踏み倒そうとする悪質な利用者の存在が消費者金融に怖いイメージを持たせる理由になることがあります。
消費者金融は個人向けの貸し付けである小口融資がほぼ唯一の業務です。
返済時に支払われる利息がそのまま利益になることから、返済の遅延が起こると会社が利益を得られなくなります。

そのため、遅延を頻繁に行う人には取り立てが厳しくなり、その様が消費者金融に暴力的で怖いイメージを抱かせる結果になっています。
現在では取り立て方法が制限されているので怖いイメージを持つほどの厳しい取り立ては法律で禁止されていますが、それでも遅延が頻発する悪質な債務者には厳しい態度で接するので怖いイメージがある完全な払しょくは困難です。

消費者金融でお金を借りる人の特徴

ギャンブルにのめり込む

競馬や競艇、競輪といったギャンブルにのめり込むのは、消費者金融でお金を借りる人の特徴です。
運が良いと掛金は数倍になるので、負けても「次に取り戻そう」と躍起になって辞められなくなっていきます。
ギャンブルは仕事と違って脳内麻薬が分泌するので、中毒になってしまう人がいます。
ギャンブルが習慣化すると、給料日まで待てずに消費者金融でお金を借りてでもやってしまいます。
これは禁治産者の特徴でもあります。ギャンブルは余裕のあるお金で楽しむ程度ならOKです。
中にはパチンコだけで生活をするパチプロといった人もいますが、彼らは社会に何の貢献もしておらず、完全に腐っています。
ギャンブルは結果をコントロールできず、「勝ち」に行っても負けることがあります。
ギャンブルは親が勝つように設定されているのでビジネスになる訳です。
給料でも借入したお金でも、親に吸い取られるのは同じ。さっさと辞めるのが正解です。

ガマンできない、衝動買い

経営では10万円以上の経費は減価償却する必要があります。
例えばその月に40万円のモノを買っても一気に40万円を損金にできず、何回かに分けて損金にします。
ローンはこの逆ですが原理は同じです。欲しいモノを先に手に入れて支払いを数回に分けます。
ローンは金融業者の錬金術です。手元にお金をプールしておくのではなく、お金を泳がせて金利で儲けます。
世の中に存在しているお金は実際に動いている数字の1/10しか存在しません。
実体のない数字を殖やすためのマネーゲームでしかありません。
そのマネーゲームに一番貢献しているのが、ガマンできずに衝動買いしてしまう消費者で、お金を借りてくれたら万々歳です。

気が付けばほとんどコンビニ

コンビニ弁当、ペットボトル、日用品、雑誌、タバコ、ATM、宅配受取、チケット購入など、生活で必要なものはコンビニで揃ってしまいます。
どのコンビニに行っても売っているものは同じで同じクオリティが保たれており、何がどの時間帯にどれだけ売れるかのデータを取って売れるものだけを陳列しています。
これによってチェーン化が進み、どこに行ってもコンビニを見るようになりました。
ライフラインになっていると言っても過言ではありません。
昔はスーパーや商店で買っていたものもコンビニで間に合うようになってしまいました。
コンビニで消費者が1回の買物で使う金額は数百円のため、ムダ遣いしている感覚がありません。
「小さいモノを広く高く売る」ことで、チラシも特売もないコンビニは儲けることに成功しました。
便利なコンビニでお茶1本買うだけでも積み重なると結構な金額になります。
お茶はヤカンで沸かす方が数百倍のコスパがありますよね。
「便利さ」に負けてコンビニに手を染めると、通年では莫大な出費になってしまいます。
気が付けば財布の中には小銭しか残っていない。怖いですよね。

消費者金融の利用者の推移

消費者金融の利用者って増えている?減っている?

平成22年6月18日、それまでの貸金業規制法が廃止となり、新たに作られた貸金業法が完全施行されることになりました。
この貸金業法は貸金業者と呼ばれる業者を規制するために作られた法律で、消費者金融利用者を保護するためのものです。
法改正の前は、出資法と利息制限法というとふたつの法律があり、要するに利息の上限が29.2%と20%のふたつ存在したことになります。
利用者との同意さえあれば、どちらの金利であっても合法だと判断されていた訳です。
法改正後は利息の低い利息制限法の金利が適用されており、金額によって利率が決められ、それを超える利息を取った業者には重い罰則があります。

そんな利用者を保護するための法改正が行われた後、消費者金融利用者の推移はどうなっているのでしょうか?
まず金融庁が発表している各都道府県に登録している業者数ですが、貸金業法が施行された事による過払い金返還請求などを受け、かなりの消費者金融業者が廃業に追い込まれました。
当時グレーゾーンと呼ばれていた部分の金利を利用者に返還する義務が生じた訳です。

そういった事情で年々数を減らしている正規の消費者金融業者ですが、日本貸金協会の調査によると、逆に登録をしないで違法な高金利を取るヤミ金業者の数が増えている様です。
これも貸金業法の影響であり、正規のあり消費者金融業者から借り入れができなくなった利用者がヤミ金に手を出したと考える事ができます。
利用者を保護するために作られた貸金業法ですが、逆に利用者を苦しめるという現実もあるのです。
利用者をふやしているのはヤミ金業者だけではありません。
クレジットカードを利用したショッピング枠の現金化と呼ばれるサービスの利用も増加しています。

では実際に消費者金融の利用者の数はどうなっているのでしょうか?
平成22年時点での消費者金融の利用者は1469万人でしたが、平成29年には1069万人と確実に減っています。
また日本信用情報機構のデータによりますと、消費者金融業者全体の貸付残高も大幅に減少。
5件以上の借り入れがある多重債務者に関しては10分の1になったというデータもあります。
法改正によって年収の3分の1までしか借りられなくなった事、消費者金融業者の審査が厳しくなったことで利用者の質が変わったのかもしれません。

単純に金融庁や情報機構のデータを見ますと、法改正によって以前話題になっていた多重債務などの問題が解決に向かっている様に見えます。
ただ別のデータを見ますと、借金返済を延滞する利用者が増えている様です。
借りられる金額などを制限することによって、逆に返済が大変になり、延滞者が増えてしまう訳です。
これはヤミ金業者や闇金利用者が増えていることにも関係していると見られます。
正規の消費者金融を規制する事によって、今まで借りられていたお金が借りられなくなり、逆に消費者を苦しめてしまうという現象が起こっている訳です。

ヤミ金に対する取り締まりは年々厳しくなっています。
しかし、ヤミ金業者も新しい手法を考え、規制が厳しくなったことによってヤミ金業者からしか借りられない人が増えた訳です。
データの数字の上では確かに業者の数も利用者も減っているのですが、現実は非常に厳しい状況だという事が分かります。
使い方さえ間違わなければ非常に便利なサービスですが、間違えてしまうと大変な事になります。

失敗しない消費者金融の選び方

自分の属性に合った消費者金融を探す

好きなタレントがCMに出演しているから申し込んだといった風に安易な選び方で消費者金融に申込むと「お金が絶対に必要な状況なのに審査に通らなかった」「利息が多くて返済が大変だった」といったことが起きて、後々、後悔することがあります。
では、失敗しない消費者金融一覧の選び方とは具体的にどのようなものになるのでしょうか。

まず、現在の自分の立場、債務状況に合った消費者金融を消費者金融一覧から見つけるようにしましょう。
例えば、収入が安定している正社員でほかの貸金業者からの借金はまったくないということであれば、大手消費者金融の審査に通る可能性が高いので、わざわざ街金などの小さな消費者金融からお金を借りる必要はありません。

反対に非正規雇用の立場でなおかつ複数の業者からの借り入れがあるという状況で大手消費者金融に申し込むのは無謀です。
大手消費者金融は収入が不安定な多重債務者に対して厳しい審査を行うのが一般的だからです。
審査に落ちるだけならまだいいですが、審査に通らなかったということが信用情報に記録され、別の貸金業者での審査でマイナスになることがあります。
まさに、申し込まない方がよかったという状態になってしまうので、自分の状況に合った消費者金融を見つけることが大事です。
非正規雇用の多重債務者であれば、比較的、属性が良好でない人にも融資を行ってくれる、知名度の低い消費者金融一覧の中から申込先を選ぶといいでしょう。

メリットのある銀行口座があるカードローンを選ぶ

「この銀行に口座があればメリットがある」というカードローンを以下にまとめました。
消費者金融、カードローンを総合的に比較すると、プロミスが最強です。その理由は、

1.30日間無利息がある
2.借入の翌日から無利息期間開始
3.即日融資が可能
4.複数借入のまとめもできる
です。
カードローン メリットのある銀行口座 メリット
プロミス 三菱UFJ銀行 深夜でも、土・日・祝日でも、銀行口座に24時間最短10秒振込みの「瞬フリ」が利用できる。手数料無料。
アコム ・楽天銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
ネット契約後、楽天銀行に口座があれば、最短1分で振込完了。ネット契約後、以下の銀行口座への初回振込みの場合、平日の18:00までに申込むと、当日19:00までに振り込まれる。
・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行。
三菱UFJ銀行カードローン 三菱UFJ銀行 契約までの手続きがWEB完結。
SMBCモビット ・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
その銀行口座と社会保険証があれば「WEB完結申込」ができる。申込みから利用まで電話連絡・郵送物なしでカードレス。
みずほ銀行カードローンエグゼクティブプラン みずほ銀行 ・本人確認資料不要
・来店・郵送不要
・収入証明書不要
・最短即日で利用可能

消費者金融一覧

アコム

アコム
アコムのおすすめポイント
  • 審査時間は最短30分のスピード回答!
  • アコムではじめて利用なら最大30日間金利0円
  • 最短1時間の即日融資も可能!
  • 楽天銀行の口座なら最短1分で振込完了!
金利限度額審査速度収入証明書
3.0%~18.0%800万円 最短30分50万円まで不要
※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

プロミス

プロミス
プロミスのおすすめポイント
  • 「出金日の翌日から」30日間無利息!
  • 審査時間は最短30分回答
  • Webで最短1時間の即日融資も可能!
  • 三菱UFJ銀行の口座なら24時間最短10秒振込み
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~17.8%500万円 最短30分50万円まで不要

プロミスレディース

プロミスレディース
プロミスレディースのおすすめポイント
  • 女性のオペレーターが対応!
  • 「出金日の翌日から」30日間無利息!
  • 審査時間は最短30分回答
  • Webで最短1時間の即日融資も可能!
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~17.8%500万円 最短30分50万円まで不要

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットのおすすめポイント
  • 電話連絡・郵送物なしのカードレスでWEB完結!
  • WEB申し込みなら10秒で簡易審査結果を表示!
  • 限度額の範囲内で何度でも繰返し利用可能!
  • 在籍確認は電話以外なので絶対にバレない!
金利限度額審査速度収入証明書
3.0%~18.0%800万円 10秒簡易審査50万円まで不要

レイクALSA

レイクALSAのおすすめポイント
  • 審査時間はお申込み後、最短15秒!
  • Web完結なら郵送物なしでカードレス!
  • お借入れ額5万円までなら180日間利息0円
  • 借入・返済時のATM利用手数料0円
※初回契約翌日から無利息
金利限度額審査速度収入証明書
4.5%~18.0%500万円 最短即日融資50万円まで不要

銀行カードローン一覧

消費者金融ではなく、銀行カードローンをご紹介します。

三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンのおすすめポイント
  • 1.8%~14.6%と消費者金融より低金利!
  • 毎回の返済額は1,000円から可能!
  • 30日間無利息サービスを実施中
  • コンビニATM利用料が借入・返済どっちも無料!
金利限度額審査速度収入証明書
1.8%~14.6%500万円 最短即日100万円まで不要